スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
流行りものだけど
ダ・ヴィンチ・コード (上) ダ・ヴィンチ・コード (上)
ダン・ブラウン (2004/05/31)
角川書店

この商品の詳細を見る

最近、文庫本の上中下を手に入れたので読んで見ました。
おもしろい!宗教の話、絵画の話、これらがまったく興味のない人も引きこまれて行く。固唾を飲みこむ展開。
美術館の館長が死体で発見された。
謎の死体現場、床に記された暗号、事件の夜、館長と会うはずだった大学教授。
暗号解読官と共に暗号に挑む。
ダイイングメッセージにはレオナルド・ダ・ヴィンチの名画「モナリザ」に残された新たな暗号。
警察からの執拗な追跡、秘密結社の襲撃、イエス・キリストの秘密
友人の協力を得ながら、危機を脱し、立ちはだかる暗号に挑戦していく。
全ての謎が解けたとき、その真実とは?
主人公とじっちゃんの名にかけて、推理しながら読んでみよう。
所詮流行り物だろ?なーんて言わず、ぜひ読んでいただきたい。
スポンサーサイト
【2006/05/27 14:42】 | はまりものレビュー | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<うぃ~  ひゃっく! | ホーム | かなりヤバイ>>
コメント
うん。コレすごい面白かったですね。
映画のほうは評判よくないみたいだけど・・・
やっぱり映画にするには内容が濃すぎるのかもしれないっすね。
【2006/05/28 19:49】 URL | 四度半 #-[ 編集] | page top↑
小説の方が想像力を描き立てますからね。
監督が本読んで、想像した事を2時間に集約して
出すのも限度があるだろうし、自分ならこうしたのになーとか出てくるんでしょうね。
小説が途中までの人は、止めて映画を見てくださいって言ふ位だから、映像にするとつまらないのかなぁ~?と思ってしまう。
未だ途中なので、速攻読み終わったら、映画見に行くと思いますよ。
【2006/05/29 01:15】 URL | たらー #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://taracho.blog67.fc2.com/tb.php/14-1bf368c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。